風邪もいろいろ

今日は!!
 大型台風が続けて日本列島を駆け抜け、各地に痛ましい被害をもたらした後、秋晴れの日が続くかな~と思う間もなく、しとしとと冷たい秋雨が続いています。今日10月23日は、二十四節気で霜降ソウコウ?暦では草木に霜が降りる頃とか…
そこまでいかなくても、今日は気温も低い寒い1日でしたね!?風邪をひかれている方が非常に多いので、珍しく!?漢方薬の話などを。
 
 テレビのコマーシャルでもやっているように、風邪にも色々なパターンがあるのです。風邪のひきはじめに、とりあえずかの有名な(笑)葛根湯を服用される方が大変多いとおもわれますが、ちょっと待ってください!! 風邪のひきはじめの症状も様々なのです。大雑把に分ければ、寒いか熱いの2つに分けられると考えます。かなり大雑把ですがm(__)m 例えば、背中の辺りがゾクゾク?スゥ~スゥ~と悪寒が走るような場合は身体を暖め血流を良くする葛根湯は正解○なのですが、熱っぽくて唾を飲み込むとのどが痛い!こんな場合は身体の熱を冷ます必要がありますから、葛根湯を飲むと逆効果になります(熱の風邪には体の中の炎症を冷ます銀翹散(ギンギョウサン)などの漢方薬が適しています)。又、葛根湯には麻黄(マオウ)と言って中枢神経を興奮させる作用をもたらす生薬が入っていますので、→響きからして想像出来ますね(笑)魔王?就寝前に服用すると目が冴えて眠れなくなる事もあります。
 
 現代医学の薬と比べて安全と思われている漢方薬にも、様々な副作用もあります。大抵の漢方薬に入っている甘草という生薬は浮腫を起こす場合があります。そうとは知らずに、服用続けて、体重が増加したりしたら要注意!! 気軽にドラッグストアで西洋薬より体に優しそう!と自己診断で買って服用するのは、あまりおすすめ出来ません。d(^-^)漢方医などに診察してもらい自分の体質と症状に合った漢方薬を処方してもらうか、オリジナルの漢方薬を作ってもらうのが、安心安全かと思います。
 
 風邪の予防には、バランスのとれた食事に休息、睡眠、うがい、手洗い、マスク等風が大切です。しかし、これから師走に向かって忙しくなり、寒さも厳しくなり、空気も乾燥してくると風邪ひいてしまう事もありますよね?そんな時に思い出してみて下さいσ(^_^) ひきはじめの症状はのど痛?悪寒?他に鼻水や頭痛肩凝りもありますから、自分ではわからない場合は掛かり付けの主治医に相談してみるのが一番ですね!熱いから冷やさなければならない風邪と、冷えるから暖めなければならない風邪があると言うお話でした。わからない場合はお気軽にご相談下さい♪
 冬至に南瓜を食べると風邪ひかない!とか西洋では古くはケルト民族の風習?から来て、秋の収穫祭とか、亡くなった親族の霊魂を迎えると同時に悪霊を→日本風に言うと邪気?を祓うために南瓜をくりぬいた中に灯火を灯し親族の霊魂が迷わず家に帰れるように窓際に置く。まるで日本のお盆と節分を足したような風習がハロウィーンだそうですが、子供たちが霊魂や悪霊の話を怖がるために、仮装させて悪霊を追い払い、何故か??お菓子を貰いに御近所を練り歩くスタイルになってきたとか
 
 最近は日本でも定着しつつあるハロウィーンですが、栄養価も高く、和でも洋でもバラエティー豊かな食べ方も出てきたようですので秋の恵みを美味しく食べて自分の体の声に耳をすませる事も、たまには意識して健やかに!!実りの秋を楽しむ余裕が欲しいものですね
 今回も読んでいただき♪有り難うございました!
ハロウィーン商戦にまんまとノセラレ(笑)
ジャック オー ランタンもどきを飾ったりしてみました(^_-)
PAGETOP