梅雨間近

いよいよ関東も梅雨入り間近になってまいりました。
暑さ寒さは多少なりとも
年齢や地域、体質により
異なる感覚だと思いますが私個人的に
最近の交通機関や、ビル等の冷房が冷え過ぎ!と思うのは気のせいでしょうか?
テレビでも熱中症の予防ばかり伝えられ、勿論熱中症は恐ろしい症状には違いないのですが、
今や冷房で外から冷やされ手軽に冷た飲み物も手に入り、内側からジワジワと冷やされ、体が冷えやすい季節の到来とも言えるようになった気もします。
昔ならば体内に熱がこもりやすく、発汗により水分が失われる夏は、体の熱をとり、潤いを補うような注意が必要でしたが、
高温多湿の日本では、特に外気の多湿で、体の水分がうまく巡らず、加えて冷えにより余分な水分を溜め込む事によって、食物も消化吸収されにくくなり、浮腫む傾向にある季節かと思われます。
前からの繰り返しになるかと恐縮ですが
東洋医学ではむくみは脾の働き→簡単に言えば胃腸全般、が弱まると引き起こされると考えられているようです。冷たいビールに揚げ物などは大好きな方も多いと思いますが、胃腸を冷やして尚且つ、あまり消化に良くないコンビは折角食べた物が冷えて弱った胃腸に負担をかけ、浮腫を引き起こす可能性もあります。
又、浮腫を放置しておくと、他の不調にも繋がりますので、毎晩キンキンに冷えたビールを晩酌にされている方には、お耳の痛い話になるかもしれません。m(__)m
ビールには利尿作用があるのは皆さん御存知の通りでその利尿された分水分を補う必要もでてまいります。
下半身の浮腫みには腎の働きが弱っている可能性もあります。
これからは生姜や大葉、茗荷などが旬の季節でもありますので
例えば、いつもなら冷奴のところを出汁にトロミをつけた餡掛け風にして薬味を乗せるとか、冬瓜の鶏そぼろ餡掛けなどが、おすすめです。
首、手首、足首を冷やさないようにするのも大切です。1日中、オフィスでパソコン業務、クーラーで冷えたら、爪先をグッと上にしてアキレス腱からふくらはぎを伸ばすようなストレッチならデスクの下でも出来るかと♪少しでも血流を良くして、水分補給はがぶ飲みではなく、小まめに少しずつ、冷たい飲み物は口の中で常温にしてから飲み込むなど、利尿作用のある食べ物で上手く水分を排泄しつつ、体を中から温めるような飲食も頭に入れていただき、水分補給は少しずつ!簡単なストレッチで血流改善!胃腸を労り
難しい事かもしれませんが時間だから食べる。のではなく、たまにはお腹が空いてから食べる。
狩猟民族と違い、日本人は古来より農耕民族であったため、天候不順や災害などで飢饉も多く、お腹を空かせている時間の方が長かったとか。ところが、西洋化がすすみ、お腹が空く空かないにかかわらず、毎日三度三度の食事におやつを食べるようになって、食事内容も西洋化し、量も増え
胃腸の休む暇がなくなり
栄養不足からくる弊害は少なくなったと言われますが逆に糖尿病などの危険性も恐らく欧米人よりも高いとも言われています。
ライフスタイルも多様化していますので、御自分のライフスタイルのリズムに合った食べ方を見つけるのも現代のストレス社会を生き抜くキーポイントかもしれません。漠然とした説明でわかりにくいかもしれませんが、自分の体の出すシグナルを見落とさないで体質を知り、梅雨から夏が特に苦手な方は、クーラーや冷たい物による冷えを改善する食べ方など、試してみると良いと思いますが、酷い浮腫みには深刻な病が潜んでいる可能性もありますので、掛かり付け医に相談される事は言うまでもありません。当医院でも、院長にご相談下されば診断させていただく事も可能かと思います。胃腸を冷やさず梅雨から猛暑を乗り切りましょうd(^-^)
紫陽花は梅雨が大好きの様です!?
PAGETOP