新年度

皆さん今日は!!いよいよ新年度が始まりましたが、如何お過ごしでしょうか?
 4月は老若男女限らず何かと変化の激しい月ですね!入学や入社、現役の社会人にも移動や引っ越しなど、環境の変化に加え
陽気が安定するまでは、体調管理が難しい時期でもあるようです。
 今年は特に、桜も漸く開花した!と思う間もなく寒の戻りや、早くも花散らしの雨で、満開を迎えた桜を青空の下でゆっくり眺めるようなお天気に恵まれなかったような気もいたします。気圧や気温、湿度の落差が激しいと、なんとなく身体がダルい、頭痛や肩凝りに悩まされる方も多いようです。寒い日から急に気温が上昇すると、気→生命エネルギーの流れも上昇して頭や首肩周りの血流も停滞するため、血圧が上昇したり、日頃から血圧の高い方はこの時期は特に注意が必要だと言われています。
 動脈硬化は老化のひとつですから、歳を重ねれば、誰でも若い頃より血圧が高めになるのは自然の摂理でもありますが、
日頃から決まった時間に血圧を計り、御自分の普段の血圧の数値を記憶しておくことも大切です。病院やスポーツクラブに行った時だけではなく!?御自宅で毎日血圧を計る習慣は身体の状態を知る指針になると思われます。
血圧は常に変動していますので、上がった下がったと一喜一憂する必要はありませんが、普段の御自宅の血圧より高い、低い場合は
セーブして1日過ごすような簡単な事で大病に至らないように出来る可能性は大きいと思います。
 普段から高血圧でお薬を処方されている方は服用を忘れないのは勿論の事ですがそこまでではない方はエーッ!!と思われるでしょうが、鼻から大きく息を吸い込み口からフーッと吐く深呼吸を何回か繰り返すだけで血圧は少し下がります。頭を左右に倒して首筋を伸ばすようにストレッチしたり、手を肩に添えて肘で大きく円を描くように前回し、後ろ回し、この時肩甲骨からグリグリ回すようなイメージで肩に手を添えたまま左右に上半身を倒して体側を伸ばす、両手を後ろで持って斜め後ろに引っ張り肩を開いて肩甲骨を寄せる、立ったままが辛ければ座ったままでも出来ます。布団かベッドに仰向けに寝て両膝を両手で抱えて膝を胸につけるように丸くなると腰周りが伸びます。仰向けのまま両手を両側に開くか頭の上で組んで両膝を立てて右左に膝と膝をつけたまま倒すと更に腰周りがスッキリ伸びます。どれか一つでもやられてみて下さい。血流が良くなり身体の内側が温かくなれば懲りを解消するのに役立つと思います実際に見ないとわからないけれど、やってみたい。と思われたら、お気軽にスタッフ、院長にお尋ね下さい。
 桜が終われば、木の芽時がやってまいります。自然界の生命が芽吹く時期は人間の身体の生命エネルギーも活発化して活き活きしたい時期なので、簡単に出来る事からひとつでも始めてみませんか?お薬やサプリメントに頼るのも手軽ですが、旬の食べ物をいただいたり、御自分の身体をよく観察する事は生涯を通して大切な生きる基本かもしれないと思います。
 相変わらず拙い文章を読んで下さり、有り難うございました。
少しでも健やかに春を過ごす事が出来ますように♪
PAGETOP