文月便り

今日は!!そろそろ関東も梅雨明けとか?
 今年はいつの間にか梅雨入りして、本降りも数えるほども無いまま、水不足のまま真夏日が続いて、日本らしい四季を感じなくなりつつありますね!?
あちこちで、ホウズキ市の噂を聞くと、7月に入ったのだなぁと思いますが、季節の風物詩に関係なく猛暑日続きで例年以上に熱中症が多発しているとの事です。幼児や高齢者の中には命の危険を脅かす恐れもありますので、耳タコ?かもしれませんが、今回は熱中症について。
まずは、熱中症を起こしやすい環境ですが、高温多湿は言うまでもなくアスファルトの照り返しの強い場所、例えば乳母車や車椅子に乗っていれば立っている人の体感よりもかなり暑く感じます。
陽射しの強さだけではありません。昔は熱中症より日射病を耳にする事が多かった気がしますね!?
室内での熱中症の怖いのは陽射しを感じないからではないでしょうか?
鉄筋コンクリートのマンションで放熱もしない、窓を開ければ排気ガスで閉めきり、蒸されたような密室で午後からは特に発生率高くなるようです。無風状態も危険です。扇風機等で風を通して対策しましょう
症状としては、脈拍が速くなる、動悸息切れ、
悪心、吐き気や目眩、頭痛がする事も、熱が体内にこもって、体温が高くなり上気して紅くなる、重症の場合は青白くなり血圧が低下してグッタリします。
 対策としては、とにかく涼しい場所に移動させる、衣服をゆるめるか脱衣させる、首、脇の下、膝の付け根、鼠径部を冷却します。
御自宅ならばタオルを濡らす、保冷剤などをタオルで巻いてあてがう。貼る発熱用シートや氷枕の様なもので、横にして冷やして休ませて、水分→あまり冷たいものを飲むと胃腸に血液が集まり脳貧血になる可能性もあるので、常温より少し冷たい飲み物を摂取する。今は点滴と同じような成分の経口投与ドリンクも売っていますから、常備しておくと良いかと思います。
ただの水より細胞に吸収しやすく、速やかに身体を潤すのに便利ですね。
吐き気や意識朦朧等が見られたら病院に行かれる事が一番と思います。特に高齢の方は暑さを感じない、喉の乾きを感じない方、知らないうちに熱中症、そのまま寝てしまうのは大変危険です。
昔は、こんなに急に気温が上がったりはしなかったから、6月はジメジメと梅雨で、気温が上がるにつれて毛穴も開き、発汗して放熱する機能が身体を冷却するように自然と機能していたような気がします。
1日エアコンの中にいらっしゃる方、運動する習慣の無い方、こういう方は気温が上がっても、なかなか汗をかく機会がありませんから、自然と毛穴が開きにくく、発汗する機能が衰えてくるのかもしれません。
暑くても、シャワーではなく、入浴して、毛穴を開き汗をかく習慣を設定してあげると、汗をかきやすい身体になり、猛暑の中でも
滝の様に汗をかき(^^;
放熱して余分な毒素も排出してスッキリとデトックス効果も期待出来るのでは?と思います。
ただでさえ汗っかき!
そういう方もいらっしゃいますが、汗をかくのは自然な体の排泄、あるいは防衛するための現象ですから、気をつけていただきたいのは、やはり水分枯渇です。東洋医学では、汗も血液と同じ体の大切な水分と言われて、あまりにも大量に発汗する事は、出血と
同じような状態になると
考えられているようです。ですから、水道水だけでは失われた物を補給出来ません。ミネラル、糖分、塩分手軽なスポーツドリンクでも経口補水液を少しずつ飲む等で、補給を忘れずに意識しておく事が大切な季節です。
口が乾いたな…と思う前に少しずつ飲むのがポイントです。
それでも、なかなかうまく放熱出来ずに、火照る、
体内に熱を持ってしまう
漢方薬を服用するのも
1つの方法ではあります。スタッフ、院長にお尋ね下さい。
今年も上半期に入り、
これから益々暑い日が来ると予想されます。
自然現象には逆らえないとしても、知恵を絞って
猛暑を健やかに過ごされますように。
お口のコラムのタイトルてすが、季節のコラムが相応しいかもしれません。
読んで下さり有難うございました!
PAGETOP